ケーキ・マフィン

米粉のガトーショコラ風[中級者さん向けレシピ]

米粉のガトーショコラ風

こんにちは♪ 今回は、米粉のガトーショコラ風をご紹介します。

ひんやり冷やすと濃厚ガトーショコラ風、一晩寝かせて温めるとしっとりチョコスポンジ風、と、1度に2つの食感が楽しめる、グルテンフリーのチョコケーキです。

音楽:Sunny ミュージシャン:Ilya Truhanov URL: https://icons8.com/music/

バターの代わりに使うのは…、

🍫板チョコ1枚 🥛生クリーム30ml、
🍎手作りアップルソース or 🥕にんじんのすりおろし

ヘルシーな材料なので味気ない"健康おやつ"をイメージされるかもしれませんが、リッチなバターケーキと変わらず、チョコの濃厚な口どけやココアの深い苦みを味わえるので、普段のおやつとしてはもちろん、健康的な食生活をキープしながら楽しみたいクリスマスバレンタインのお供にも、ぜひお試しください!🎄💝

米粉のガトーショコラ風 アップルソースver. 時間・材料・準備

🕒生地作り : 40分 焼く時間 : 35分

材料 直径15cm 丸型1台分

  • りんご…(正味)200g
  • りんご用の砂糖…大さじ1
  • ★製菓用米粉…120g(特に粒子の細かい米粉を使う場合は100~110g)
  • ★ココア…20g
  • ★ベーキングパウダー…3g
  • ★シナモン(お好みで)…適量
  • 板チョコ(ブラック)…1枚(50g)
  • 卵…Mサイズ2個
  • 砂糖…80g
  • ☆生クリーム…30ml
  • ☆牛乳または豆乳…30ml(工程3の調整用に50mlほど余分に用意する)
  • 粉砂糖(お好みで)…適量

材料
※ 誤って試作の材料(タピオカ粉入り)の写真をアップしていたため、2020.12.21に材料の写真を差し替えました。

準備

🍎りんごは一口大に切り、耐熱ボウルに入れて砂糖をまぶし15分おく。
🍎型にクッキングシートを敷く。
🍎卵を卵黄と卵白に分け、卵白は水けや油けのないボウルに入れておく。
🍎オーブンを180℃に予熱する。

米粉のガトーショコラ風 アップルソースver. 作り方

1. りんごが入ったボウルをふんわりラップし、レンジ(600W)で3~4分加熱する。火が通り半透明になったら粗熱をとり、フードプロセッサーにかけてアップルソースにする。

21に板チョコを割り入れ☆も加えてふんわりラップし、レンジ(600W)で1分30秒ほど温める。チョコが溶けたら砂糖の半量(40g・目分量でOKです🙆‍♀️)を加え泡立て器で混ぜ、卵黄も加え混ぜる。

3.  別のボウル(大)に万能ザルなどで★をふるい入れる(米粉はふるわずに使えますが、ココアのダマが残りやすいのでふるいにかけるのがオススメです🙆‍♀️)。2を加え泡立て器で1分ほど混ぜ合わせる。

生地水分量の目安

泡立て器ですくうと、3秒ほど中にこもってからまとまって「ポトッ」と落ちる固さ。それより固い場合は、大さじ1ずつ牛乳または豆乳を加えてその都度よく混ぜ、生地をゆるめる。

4. 卵白をハンドミキサー(低速)で泡立てる。白く泡立ってきたら2で残った砂糖の半量を加え、ハンドミキサー(高速)で泡立て、ツヤが出てきたら残りの砂糖を加えて再び高速で泡立てる。

泡立て過ぎると食感が落ちるので、メレンゲの角がお辞儀する固さになったらストップします。

5. 34の1/2量を加えて泡立て器でメレンゲを完全に混ぜ合わせる。残りのメレンゲを加え、白い線が見えなくなるまで切り混ぜる(目安 : 50~60回)。

6. 型に流し入れ、オーブンの温度を170℃に下げて30~40分焼く。

最後にボウルに残った生地は火の通りがよくないので、型の外側(ふち周り)に流しましょう。

つむぎ
機種によって火の通り具合が異なるので、ご使用のオーブンに合わせて焼き色をみながら加減してくださいね。

7. ケーキのまん中に竹串をさして焼け具合を確認し、オーブンから取り出す。

8. 型から出して粗熱をとり、ラップして袋に入れ乾燥を防ぐ。完全に冷めたらお好みで粉砂糖をふる。

保存のポイント


ラップしたまま密閉容器や袋に入れて冷凍します。
解凍の度合いによって、

600Wレンジで30秒 → ネットリ濃厚・ガトーショコラ風の食感
🔥600Wレンジで60秒~ → フンワリ・チョコスポンジ風の食感

と、違った味わいが楽しめます。

米粉のガトーショコラ風 にんじんver. 時間・材料・準備

米粉のガトーショコラ風 rice flour chocolate muffins

🕒生地作り : 30分 焼く時間 : 30分

材料 直径7cm マフィン型6個分

  • すりおろしたにんじん…170g(約1本分)
  • 板チョコ(ブラック)…1枚(50g)
  • 卵…Mサイズ2個
  • 砂糖…80g
  • ☆生クリーム…30ml
  • ☆牛乳または豆乳…40ml(工程3の調整用に50mlほど余分に用意する)
  • ★製菓用米粉…100g(特に粒子の細かい米粉を使う場合は80~90g)
  • ★ココア…20g
  • ★BP…3g
  • ★シナモン(お好みで)…適量
  • 粉砂糖(お好みで)…適量

材料
※ 2020.12.21 材料の写真を追加しました。

準備

🥕マフィン型にアルミカップを敷く。
🥕卵を卵黄と卵白に分け、卵白は水けや油けのないボウルに入れておく。
🥕オーブンを180℃に予熱する。

米粉のガトーショコラ風 にんじんver. 作り方

1. 耐熱容器にすりおろしたにんじんを入れてラップし、レンジ(600W)で2分30秒加熱する。チョコを割り入れ、ヘラで混ぜて溶かす。

2. ☆と砂糖の半量(40g・目分量でOKです🙆‍♀️)を加え泡立て器で混ぜ、卵黄も加えてさらに混ぜる。

3. 別のボウル(大)に★をふるい入れる(米粉はふるわずに使えますが、ココアのダマが残りやすいのでふるいにかけるのがオススメです🙆‍♀️)。2を加え泡立て器で1分ほど混ぜ合わせる。

生地水分量の目安

泡立て器ですくうと、3秒ほど中にこもってからまとまって「ポトッ」と落ちるくらいの固さ。それより固い場合は、大さじ1ずつ牛乳または豆乳を加えてその都度よく混ぜ、生地をゆるめる。

4. 卵白をハンドミキサー(低速)で泡立てる。白く泡立ってきたら2で残った砂糖の半量を加え、ハンドミキサー(高速)で混ぜ、ツヤが出てきたら残りの砂糖を加え、再び高速で泡立てる。

泡立て過ぎると食感が落ちるので、メレンゲの角がお辞儀する固さになったらストップします。

5. 34の1/2量を加えて泡立て器でメレンゲを完全に混ぜ合わせる。残りのメレンゲを加え、白い線が見えなくなるまで切り混ぜる(目安 : 50~60回)。

6. 型に流し入れ、オーブンの温度を170℃に下げて25~30分焼く。

最後にボウルに残った生地は火の通りがよくないので、型の外側(ふち周り)に流しましょう。

つむぎ
機種によって火の通り具合が異なるので、ご使用のオーブンに合わせて焼き色をみながら加減してくださいね。

7. マフィンのまん中に竹串をさして焼け具合を確認し、オーブンから取り出す。

8. 型から出して粗熱をとり、ラップして袋に入れ乾燥を防ぐ。完全に冷めたらお好みで粉砂糖をふる。

保存のポイント


アルミカップを取り、ラップして密閉容器や袋に入れて冷凍します。
解凍の度合いによって、

600Wレンジで約20秒 → ネットリ濃厚・ガトーショコラ風の食感
🔥600Wレンジで約50秒~ → フンワリ・チョコスポンジ風の食感

と、違った味わいが楽しめます。


米粉のガトーショコラ風、いかがでしたでしょうか?

このケーキは、「しっとり♡米粉のアップルケーキ[生クリーム救済レシピ]」の生地にアップルソースやにんじんを加えた"米粉のアップルケーキのいとこ"ともいえるケーキです。

海外のビーガンスイーツのレシピ動画などで、バターの代わりにアップルソースが使われているのをよく見かけて気になっていたんですが、

「油脂分豊富なアボカドならまだしも、りんごみたいにさっぱりした果物がバターの代わりになんてなるのかな…?」

と、半信半疑でした。でも、作ってみるとホントにしっとり焼き上がってビックリ😍✨「油っこくないバターケーキ」と言ったらいいんでしょうか。食後の満足感はあるのに、胃にズッシリくるような不快感はありません。

にんじんversionもキメ細かくソフトに焼けたので、「アップルソースやにんじんをお菓子作りに使ったことがない」という方は、この「米粉のガトーショコラ風」で、ぜひ試してみて、お手持ちのレパートリーのアレンジにも取り入れてみてください。

美味しいものを食べる機会が増えるこの時期。寒さやウイルスに負けないよう、胃腸にやさしい食べ物をチョイスして、美味しくたのしく新しい年を迎えたいですね🍻🍷📅

つむぎ
最後までお読みいただき、ありがとうございます💛
Merry Christmas!🎄🎊!

-ケーキ・マフィン
-, , , ,

© 2021 Bake gluten-free life Powered by AFFINGER5