ケーキ・マフィン

ほうじ茶とあんこの米粉ミニパウンドケーキ【レシピ】Hojicha Red Bean Jam Mini Pound Cake (GF)

米粉ほうじ茶パウンドケーキ

JUMP TO RECIPE IN ENGLISH


こんにちは♪ 今回は、ほうじ茶とあんこをたっぷり練り込んだ、和風のミニパウンドケーキをご紹介します。

「米粉のココアパウンドケーキ」の生地にアップルソースとあんこを加えて生クリームを減らし、泡立て作業なしでも美味しく作れるようアレンジしました。

rice flour cocoa pound cake 米粉のココアパウンドケーキ
米粉のココアパウンドケーキ[レシピ]

料理研究家・ケンタロウさんの「チョコレートケーキ」を米粉バージョンにアレンジしたパウンドケーキのレシピです。作業時間45分。バターの代わりに生クリームをホイップして作る生地は、きめ細かく濃厚で、寒い季節のコーヒータイムにおすすめです♪

続きを見る

あんことほうじ茶、2種類の甘みと香ばしさがほどよく調和した「しっとり」和風パウンド♡

ココロなごむ味わいのカンタン手作りスイーツを、おうちカフェのお供にいかがですか?

音楽: Intro ミュージシャン: Jeff Kaale https://youtu.be/P5nYMiLrS_s

ほうじ茶とあんこの米粉ミニパウンドケーキ 時間・材料

🕒 作業 : 20分 焼く時間 : 35分 合計 : 55分

材料 14×8×高さ6cmのミニパウンド型1台分

  • りんご…正味50g(約1/5個分)
  • ほうじ茶…4g(※)
  • ★製菓用米粉…80g
  • ★ベーキングパウダー…4g
  • ☆卵…Mサイズ1個
  • ☆生クリーム…50g
  • ☆きび砂糖…25g
  • ゆであずき缶…50g



(※)茶葉をそのまま生地に練り込むため、茎ほうじ茶ではなくティーバッグタイプがオススメです。

ほうじ茶とあんこの米粉ミニパウンドケーキ 作り方

① "ほうじ茶アップルソース"を作る。

耐熱皿にりんごをすりおろし、表面を平らにならす。ラップなしでレンジ(600W)で約35秒、フツフツ沸騰するまで加熱する。

ほうじ茶をティーバッグから出して加え、スプーンで混ぜ合わせる。

オーブンを180℃に予熱する。

② 粉類を用意する。

★を別のボウル(中)に入れ、スプーンで混ぜ合わせる(米粉はふるわずに使えます)。

型にクッキングシートを敷く。

③ 液体の材料を用意する。

ボウル(小)に☆を入れて泡立て器で混ぜ、色が均一になったらゆであずき(煮汁ごと)を加え混ぜる。

①のアップルソースも加えて泡立て器で混ぜる。

アップルソースがまだ温かくても大丈夫です。

④ 生地を仕上げる。

粉類のボウルに③を入れ、泡立て器でボウル側面の生地もすくい取りながらグルグル混ぜる。

粉気がなくなってからさらに50回ほど混ぜてあげると、米粉が他の材料とよくなじんで食感もより良くなります。

固さの目安

泡立て器ですくうと、中にこもらず数回に分かれて「ポトッ、ポトッ」と落ちる固さが目安です。特に粒子の細かい米粉(リ・ファリーヌなど)をお使いの場合は、下の動画を目安に、米粉を10gずつ追加して調整してください。

⑤ 焼く。

型に流し、台に2,3回トントンと落として気泡を抜く。180℃のオーブンで35分ほど焼く。

つむぎ
機種や型の材質によって火の通り具合が異なるため、お使いのオーブンや型に合わせて焼き時間を加減してくださいね。

ケーキのまん中に竹串をさして液状の生地がついてこなければオーブンから取り出す。

型から出して網の上で粗熱をとったら出来上がり♪ お疲れ様でした!


割れ目をまん中に出したい場合

写真(↑)のように割れ目がズレちゃっても食感や味には影響しないので、見た目にこだわらなければこれで大成功です🙆‍♀️

でも、贈り物やお持たせ用に作る場合は、割れ目もキレイに出したいですよね。

そんなときは、焼き始めから10分ほど経過したところで一度オーブンから取り出し、生地のまん中に、ナイフの先で浅く切れ目を入れてみてください。

庫内の温度が下がらないよう、オーブンのドアは閉めておきましょう。

切れ目を入れたら素早く庫内に戻し、加熱を再スタート。あとは基本のレシピと同様に焼き上げます。

距離感…😅

保存のポイント

・ラップして密閉容器や袋に入れ、冷蔵または冷凍保存します。
・食べる直前に、軽く霧吹きしてラップし、レンジ(600W)で30秒(冷凍の場合は40秒)ほど温めるとしっとり感が戻ります♡

ほうじ茶とあんこの米粉ミニパウンドケーキ

ほうじ茶の香りとあんこの甘みをシンプルに味わっても美味しいですが、

「カフェ気分に浸りたいな☕」
「デザート感を出したい♪」

というときには、(「生クリーム少なめで作ったケーキに生クリーム=プラマイゼロ!」という理性の声をスルーして…^^;)ホイップクリームやあんこを添えると、趣がかわって味や食感の違いも楽しめますよ♡

お好みできな粉や黒蜜を合わせても美味しそうですね(๑´ڡ`๑)

ハンディブレンダーいらず♫ ストレスフリーなトッピング用のホイップクリーム作り

今回、トッピング用のクリームを泡立てる際に、ハンドミキサーに羽根を1本だけとり付けてマグカップで泡立ててみました。

ボウルで少量のクリームを泡立てようとすると、深さがたりずクリームに空気が入りにくかったり飛び散ったりしやすいですよね(・・;)

そのたびに「ハンディブレンダーほしいなぁ」と思っていましたが、ハンドミキサーの羽根を1本にして代用してみると、周りにクリームが飛び散ることなく、ブレンダーとしても問題なく機能してくれました。

「買ってもたまにしか使わないだろうし、これ以上調理器具を増やしたくないなぁ」と迷っていらっしゃる方はぜひお試しください✨


同じ分量の生地をマフィン型(上径7cm×高さ3cm)で焼くと「ほうじ茶とあんこの米粉マフィン」が4個作れるので、

「クッキングシートの準備がめんどう…」
「ミニパウンド型はないけどマフィン型はあるよ」

という方も作ってみてくださいね♪

6個連結タイプのマフィン型をお使いの場合は、空いている2ヶ所が空焚きにならないよう水をはって焼きましょう。

まとめ

ほうじ茶とあんこの米粉ミニパウンドケーキ、いかがでしたでしょうか?

ミニパウンド型を使うと早く火が通って焼き時間を短縮できるので、その分しっとりフンワリと焼き上げることができます。

他のバターケーキを手作りする際にも、生地をミニパウンド型2つに分けて焼くとパサつきを予防できるかもしれませんね✨

あんことほうじ茶の異なる甘みを楽しめる、軽い口あたりの米粉ミニパウンドケーキ。コーヒーや日本茶のお供に、ぜひ作ってみてくださいね♪

つむぎ
最後まで読んでいただき、ありがとうございます💛

Hojicha Red Bean Jam Mini Pound Cake Recipe (GF)

This rice flour mini pound cake is so moist and soft, infused with hojicha tea leaves and sweet red bean jam.

米粉ほうじ茶パウンドケーキ

This post contains affiliate sales links. Please see our Privacy Policy for details.

Hojicha is a Japanese green tea that originated in Kyoto 100 years ago.

Unlike traditional green teas, hojicha is roasted after the leaves are steamed. Along with removing all bitterness, the roasting process gives hojicha its signature earthy aroma, its reddish-brown color and a unique smoky taste.

Since it is low in caffeine, hojicha is the perfect alternative to coffee for those seeking a warm and toasty drink in the afternoon or evening.

source : Hojicha Co. https://hojicha.co/

I had been a coffee person☕ for as long as I can remember so hadn't known the soothing fragrance and gentle sweetness of this roasted Japanese green tea until now!

The aroma of hojicha is a bit nutty in a way that's similar to coffee but not too strong.

So you can easily add these tea leaves for your baking repertoire just like macha powder, without worrying like "It might dominate the overall flavor" or something like that.

The delicious combination of sweetened red bean jam and hojicha tea leaves makes this cake nice and sweet(but not too sweet).

🕒 PREP TIME : 20 minutes

🕒 COOK TIME : 35 minutes

🕒 TOTAL TIME : 55 minutes

🍽SERVINGS : 1 mini rectangular loaf : 5.5×3.3×2.5 inch

Ingredients

  • 50g peeled apple (net weight)
  • 4g hojicha tea leaves(※)
  • 80g rice flour for confectionery
  • 4g baking powder
  • 50g egg (net weight)
  • 50g heavy cream
  • 25g light brown sugar
  • 50g sweetened red bean paste, tinned

(※) Teabag type hojicha is preferable since they use more tender and smaller leaves than Kuki(=stem) hojicha which can gives recognizable hard texture in your mouth.

Instructions

① Prepare "Hojicha applesauce".

Grate apple on a microwave-safe plate. Flatten the surface; microwave (without covering) for about 35 seconds until it starts bubbling(based on a 600W microwave oven's power level).

Add tea leaves into the hot applesauce, stir with your spoon. Set aside.

Preheat the oven to 356 degrees F / 180 degrees ℃.

② Prepare dry ingredients.

Stir rice flour and baking powder together in a middle size bowl, using a tablespoon(you don't have to sift rice flour).

Line your mini loaf pan with a piece of parchment.

③ Blend liquid ingredients together.

In another small bowl, add egg, heavy cream and light brown sugar together; mix with your whisk until there's no egg yolk can be seen.

Stir in sweetened red bean paste until combined.

Blend in applesauce until combined, using your whisk. You can add applesauce while it's still warm.

④ Finish batter.

Pour liquid ingredients into dry ingredients; mix with your whisk until well incorporated.

Don't forget to scrape down the sides of the bowl with your whisk once in a while so that they can be mixed in too.

For the best result in texture, give it 50 more mixes after there's no dry flour can be seen in the batter. In that way, rice flour can absorb the liquids really well so that they can be mixed thoroughly.

How to get the right consistency for this cake
The batter should be dripping in few separate drops, without staying in the whisk.

If your rice flour is super-fine and the mixture is too watery, add 10g rice flour at a time until it forms the same consistency of the batter in the video clip below.

⑤ Bake.

Pour batter into the pan. Gently bang the pan on your counter a couple of times to remove air bubbles from the batter.

Bake for about 35 minutes in the preheated oven.

つむぎ
How much time it takes to bake depends on how your oven works, and what your pan is made of. So please check the color around 25 minutes after you started baking, just for safety.

Bake until a toothpick inserted in center of the cake comes out clean(or with some dry crumbs).

Transfer the freshly baked cake from the pan on wire rack; let cool to room temperature and that's it!

TIPS

・For keeping, remove parchment; cover with plastic wrap; put in airtight container or airtight bag and then refrigerate or freeze.

・Right before serving, quickly mist the refrigerated cake with water; wrap with plastic and microwave about 30 seconds(based on a 600W microwave oven's power level). They will be nice and moist again♡

・Right before serving, quickly mist the frozen cake with water; wrap with plastic and microwave about 40 seconds (based on a 600W microwave oven's power level). They will be nice and moist again♡

Hope you'll enjoy this cute little pound cake tastes just like common traditional Japanese sweets.🍡🍵

つむぎ
Thank you for visiting and bearing with my broken English!:) Take care💛

-ケーキ・マフィン
-, , ,

© 2021 Bake gluten-free life Powered by AFFINGER5