クッキー・スコーン

米粉とおからパウダーのチョコソフトクッキー【卵・バター不使用】

米粉のチョコソフトクッキー

こんにちは♪ 今回は、卵やバターを使わずに作れるチョコソフトクッキーをご紹介します。

しっとりきめ細かく、口の中でホロッとほどけるソフトクッキーを、コーヒーやお茶のお供にいかがですか?

"Take it" by LiQWYD https://youtube.com/c/LiQWYD Creative Commons — Attribution 3.0 Unported — CC BY 3.0 Download / Stream: https://hypeddit.com/link/4gl98o

米粉とおからパウダーのチョコソフトクッキー 時間・材料・準備

🕒作業 : 20分 焼く時間 : 15分 チョコを固める時間 : 30分

材料 直径3.5cm 16個分

  • 生クリーム(※1)…60ml
  • 板チョコ(ビター)…1/2枚(25g)
  • 砂糖…40g
  • 塩…ひとつまみ(親指・人差し指・中指で)
  • ★製菓用米粉(※2)…70g
  • ★微粉末タイプのおからパウダー(※3)…10g
  • ★純ココアパウダー…10g
  • ★ベーキングパウダー…4g
  • ★シナモン(お好みで)…2,3振り~
  • 豆乳…大さじ1(米粉の種類によっては不要)
  • 板チョコ(ビター。デコレーション用)…1/2枚(25g)
  • くるみ…15g

(※1)低脂肪の植物性生クリームでも美味しく作れます。
(※2)このレシピでは波里の「お米の粉 お料理自慢の薄力粉」を使っています。
(※3)小麦アレルギー・グルテン不耐症などのある方は、コンタミネーションの心配のないおからパウダーを使ってください。

準備

  • 湯煎用のお湯を鍋に入れて火にかける(お湯の量は鍋底から2~3cmくらいでOKです)。
  • オーブンから天板を取り出し、180℃に予熱する。
  • 天板にクッキングシートを敷く。

米粉とおからパウダーのチョコソフトクッキー 作り方

 耐熱性のボウル(大)に生クリームを入れ、板チョコ1/2枚を割り入れる。お湯に小さな泡が出始めたら、(グツグツ沸騰する前に)ボウルを鍋にのせ、極弱火で湯煎する(お湯が入らないよう注意します)。

 その間に別の容器に★を入れ、スプーンの背でココアのダマをつぶしながら混ぜ合わせる(米粉はふるわずに使えます)。

 湯煎スタートから3分ほどたったらヘラで混ぜてチョコを溶かす。写真(右側:スマホでは上側)のように完全に溶けたら湯煎からおろし、砂糖と塩を加えヘラで混ぜて溶かす(お湯はデコ用チョコの湯煎でも使うのでとっておきます)。

 ②の粉類を③に加え、ときどき底からすくい上げながら、上下まんべんなくヘラで切り混ぜる。

 粉けがなくなったら豆乳を加え、さつまいもを裏ごしする要領でヘラの広い面で押さえたり、上下を返しながら、材料同士がなじむように練り混ぜる。

生地水分量の目安

米粉は製品によって吸水率が異なります。リ・ファリーヌなど粒子の細かい米粉を使う場合は、豆乳を加える前に生地の状態を見て、
下の写真より生地が固い場合豆乳を大さじ1/2ずつ追加
・逆に生地がベタついている場合米粉を10gずつ追加
してその都度よく練り混ぜ、ボウルやヘラにベタベタくっつかない扱いやすい状態になるよう、調整してください。

 生地がボウルから離れてベタつかなくなったらひとまとめにして、

・ヘラで2等分する。

・片方をもう片方の上に重ねる。

・ヘラの広い面で上から押す。

の手順を3回くり返す。

 16等分し、ボール状に丸めて天板の上のクッキングシートにのせる。

 それぞれまん中を人差し指で押して凹みを作る。

 180℃のオーブンで15分焼く。板チョコ1/2枚を耐熱容器に割り入れて湯煎で溶かし、くるみをやや細かく刻んでおく。

つむぎ
機種によって火の通り具合が異なるので、お使いのオーブンに合わせて焼き時間を加減してくださいね。

 焼けたらオーブンから取り出し、クッキングシートから網に移して粗熱をとる。
火の通り具合の見極めは、(やけどに気をつけながら)1個割ってみるのが確実ですが、
・オーブンから美味しそうな香りが漂っている。
・クッキーの底にこんがり焼き色がついている。
かどうかも、目安になります。

仕上げ

 溶かしたチョコをティースプーンでクッキーの凹みに入れ(9分目まで)、クッキーを持ってゆっくり回し、凹みのフチにもチョコを行き渡らせる。

 16個全部にチョコを入れ終えたらくるみもトッピングする。

 冷蔵庫で5分ほど冷やし、チョコの表面が固まってきたら取り出して網ごとビニール袋に入れて口を閉じる。冷蔵庫に戻してさらに25分冷やし固める。チョコが完全に固まったら出来上がり♪ お疲れ様でした!✨

保存のポイント

・ジップロックや保存瓶など、しっかり密閉できる袋や容器に入れます。

・冷蔵→3日、冷凍→1ヶ月、保存可能ですが、冷凍するとチョコの風味が落ちやすいので、冷蔵がオススメです。

・季節によりますが、冷蔵庫から出して10分以上室温においてからお召し上がりください。

・解凍→レンジ(600W)で20秒ほど加熱し、10分以上室温で冷まします(チョコはトロッとした状態です)。

米粉とおからパウダーのチョコソフトクッキー まとめ

米粉とおからパウダーのチョコソフトクッキー、いかがでしたでしょうか?
生クリームをトポトポッとボウルに入れて材料をヘラで混ぜれば生地が完成するので、

「バターを室温に戻したり泡立て器で混ぜるのめんどくさいな…」という方や、

「卵アレルギーや小麦アレルギーがあっても食べられるソフトクッキーないかな♪」

「余った生クリーム、早く救済しなくちゃ(・.・;)」

「おからパウダーでカンタンに作れるチョコスイーツを作ってみたい✨」

「手作りスイーツを配るのは今年は控えたほうがよさそうだけど、せっかくのバレンタイン! がんばってる自分や家族に、ココロがホッとなごむチョコスイーツを手作りしたい💛」

という方にも、特にオススメしたいクッキーです。

新しい生活様式の中のおうちバレンタイン。
オーブンから漂うチョコの香りに癒やされながら、コーヒーやお茶などお好みの飲み物と一緒に、ぜひ楽しんでみてくださいね♪🍪🎂

STAY SAFE and Happy Valentine's Day!

つむぎ
最後までお読みいただき、ありがとうございます💛

-クッキー・スコーン
-, , , , ,

© 2021 Bake gluten-free life Powered by AFFINGER5