料理

米粉とツナの豆乳シチュー[簡単レシピ]

米粉とツナのシチュー

あけましておめでとうございます!🎍🌞

2020年は、世界規模で新しい形の困難を経験した一年でしたね🌏

コロナ以前と同じ生活に戻るのは難しいのかもしれませんが、新しい日常の中、新しい視点で「楽しさ」や「うれしさ」を見つけて、まっさらな気持ちで2021年をスタートしたいと思います🍀

今年もグルテンフリーのお菓子や料理をご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします😀

皆さんにとって2021年が、美味しいお菓子や料理でいっぱいの、健やかで楽しい年となりますように🥞🍲🥦💛✨


さて、新年1本目となる今回は、寒い季節に食べたくなるシチューをご紹介します(お正月感ゼロ…^^;)。炒めずに20分ほど煮るだけで作れる簡単&時短料理です。

このシチューはこんな方におすすめ

  • 小麦粉・乳製品・お肉・コンソメを使わずにシチューを作りたい方
  • 味噌味の和風シチューを作りたい方
  • 煮込んだようなとろみのあるシチューをお手軽に作りたい方

気負わずに作れるおうちゴハンなので、下記の材料にこだわらず、野菜や調味料を自由にアレンジしてお好みの味に仕上げてくださいね♪

米粉とツナの豆乳シチュー 時間・材料

🕒 調理時間 : 30分

材料 4皿分

  • にんじん…2本
  • 白菜…大きい葉4~5枚
  • 玉ねぎ…1/2個
  • ぶなしめじ…1株
  • 米粉…大さじ3~4
  • 味噌…大さじ2~
  • コーン缶…お好みの量(汁も使います)
  • 小松菜などの葉野菜…お好みの量
  • 豆乳…適量(300ml~)
  • 醤油…適量
  • ツナ缶…70g×2缶
  • だしの素(カツオ)…1袋(8g)
  • コショウ…お好みで少々

 

米粉とツナの豆乳シチュー 作り方

  1. 皮をむいたにんじんを小さめに乱切りして鍋に入れ、にんじんがヒタヒタになるまで水を入れる。
    中火にかけ、火の通りにくい野菜から順にカットして鍋に加える(葉野菜は工程5で加えます)。
  2. フタをして弱めの中火で蒸し煮する。味噌を水少々で溶いた器に米粉を加え、混ぜておく。
  3. 野菜がやわらかくなったらコーン缶を汁ごと加え、2の味噌、だしの素、コショウも加える。
  4. 具がヒタヒタになるまで豆乳を加え、弱火にして全体をしずかに混ぜる。
  5. とろみが出てきたらツナと葉野菜を加え、味見して塩や醤油で味をととのえる。しずかに混ぜながら3分煮たら出来上がり♪ お疲れ様でした😀

ポイント

・コーン缶の汁を加えると、やさしい甘みが出ます。

・ツナ缶は加熱し過ぎるとうまみがなくなるので、出来上がる直前に加えます。

・味噌やだしの素のほかにツナ缶にも塩気があるので、シチューにツナ缶を加えて一度味見してから、足りなければ塩や醤油を加えます。

・ツナ缶の油を抜くとあっさり風味に、油も一緒に加えるとダシの効いたコクのある味になります。

今回始めてシチューライスにしてみましたが、まったく違和感なく、とても美味しくいただけました😋

カレー粉とケチャップ少々を加えてカレーシチュー風にしたものも、さわやかな酸味とスパイシーさで味に深みが出てなかなか美味しかったです🙆‍♀️

米粉とツナのシチューをアレンジ♪ 簡単リメイクグラタン

米粉とツナのシチューを作った翌日はとても寒かったので😖、熱々のグラタンが食べたくなり、リメイクグラタンを作りました。

米粉グラタン

シチューを器に盛ってマヨネーズをかけ、トースターで15分焼くだけで完成! 市販の冷凍グラタンとほぼ変わらない手軽さです♪
マヨネーズの酸味とコクのおかげで、チーズなしでも食べごたえは◎

この日は米粉クッキーの余った生地が冷凍庫にあったので、焼いたものを砕いてパン粉の代わりにトッピングしました。

年末の冷凍庫掃除で発掘したクッキー生地でしたが^^;細かくくだいたのでグラタンの味のジャマになることもなく、以外と美味しかったです。
余ったクッキー生地の救済法にお困りの方は、ぜひお試しください♪


米粉とツナの豆乳シチュー、いかがでしたでしょうか?

とろみのある食べ物は冷めにくく、お腹の中から体を温めてくれます。
美味しくあったかく野菜を食べられる冬ごはんメニューの1つに、ぜひ加えてみてくださいね♪

つむぎ
最後までお読みいただき、ありがとうございます💛

-料理
-, ,

© 2021 Bake gluten-free life Powered by AFFINGER5