BLOG

白崎裕子さんの塩カレー🍛/試作中のパイナップルケーキ🍍

こんにちは! ご訪問ありがとうございます✨

台風一過ならではの涼しさを堪能出来たのもほんのつかの間、夏の暑さがパワーアップして沖縄に戻って来ました🌞

快晴なのに梅雨のような湿気。暑苦しい空気が体にまとわりつくようです。

白崎裕子さんの「さつまいもの塩カレー」

そんな蒸し暑さのせいか、料理研究家・白崎裕子さんの「さつまいもの塩カレー」が久しぶりに食べたくなりました。

2年ほど前に知ったこのカレー💛

さつまいもの甘さとカレーパウダーのスパイシーさが絶妙なバランスで、カレールウを使わずにグルテンフリーで作れるんです✨

煮込んださつまいもをつぶしてとろみをつけるので、小麦粉なしでもカレーらしいとろみが楽しめます。


さて、さっそく材料を買い出しに行くと、台風後のためスーパーはまだ品薄状態。

「元レシピ通りの材料で」というわけにはいかなかったけど(主役の)さつまいもは手に入ったので、冷蔵庫に残っていた野菜(赤ピーマン・キュウリ・えのき茸)とサバの水煮缶で作ってみました。

炒める工程は飛ばして最初から煮込み、トマトの水煮缶→ケチャップで代用。

さつまいもをつぶしてからジャガイモを加えました(レンチンして加えてもよかったかも)。

ジャガイモがやわらかくなってからサバ缶の煮汁と生姜のすりおろしを加え、醤油とだしの素で味を整えました。

最後にサバの身を加えて完成♪

一晩寝かせるとよりポッテリ濃厚に🍛💕

素敵なレシピのおかげで"台風品薄ピンチ"🌀を美味しく乗り切れました。ご馳走様でした🙏😋

試作中のパイナップルケーキ

「パイナップルを使った丸型のケーキを夏の間に作りたいなぁ」と思い、昨日、カレーを煮込みながら1回目の試作、アップサイドダウンケーキ作りに取りかかりました。

溶かしたマーガリンときび砂糖を混ぜたものを型に流し、パイナップルを並べ、生地を入れて焼成。

しっかりした生地だったので、焼き上がりにパイナップル缶のシロップをハケでたっぷり塗って30分休ませ、型をひっくり返しました。

以前アップサイドダウンケーキを作ったときにはパイナップルが型にひっついてしまった事もありましたが、30分粗熱を取ったおかげかこの日はキレイに取り出せました。

せっかくマーガリンと砂糖を底に敷き詰めたので表面をこんがりキャラメル状にしたかったんですが、焼成が足りなかったのかソフトな焼き上がりに。

お味の方も「おからパウダーを入れ過ぎたお菓子」のような、大豆っぽいクセがありました😢

おからパウダー入れてないのになぜ…?😕

さらに、作ってみて気になったのはマーガリンと砂糖の量の多さ💦

このプラスαこそがパイナップルをキャラメリゼしてくれるんですが、迷った結果、アップサイドダウンケーキではなく、焼きっぱなしのシンプルなパイナップルケーキを作ることに。

そこで今日は材料や作り方を改良し、パイナップルは上に散らして焼きました↓

1回目の試作に比べてマーガリンや砂糖の量は少ないのに、よりしっかり甘みやコクを感じられて「しっとり」きめ細かくなり大成功!😂

もう少し微調整してレシピをアップしようと思います♪

つむぎ
最後まで読んでくださりありがとうございます💛

-BLOG

© 2021 Bake gluten-free life Powered by AFFINGER5